― 600点から695点 ―




転職!フロリダ勤務が決まりました!平山絢さん 690点⇒835点

英語力を活かして転職!

「日本の百貨店にて接客の仕事をしておりましたが、外国のお客様を相手に接客をするのはまた別世界でとても難しいと思います。さらなる英語力UP、コミュニケーション力UPを目指しがんばります!」

 

 

Facebook公式ページ: https://www.facebook.com/99institute ← Like!




615点→900点(2ヶ月受講) 卒業生 岩倉朋代さん

「授業の復習しかしていません。」

難関の900点台に乗りました!そして念願のリスニング満点!おめでとうございます!率直なご感想は?

Tomoyo:895じゃなくてよかった~!あリスニング満点はどうしても欲しかったので、それは本当に嬉しかったです。

 

Tomoyoさんはリスニングが得意だと評判でしたが、なにか特別にしていたことはありますか? 

Tomoyo:私はカナダに来たばっかりじゃないので、1年間カナダに居た間に、働いてお客さんと会話してリスニングが伸びたんだと思います。あと、ネイティブのお客さんの話を聞いたり、電車の中でも聞き耳たてたり、シャドイングを意識していたわけじゃないですが、自然と聞こえた英語をブツブツつぶやいていました。これは前から癖でやっていましたね。道歩いててもそうだし、カフェとかでもそうだけど、「何話してるんだろう」って聞き耳立てるの楽しいじゃないですか。人間観察好きだから。横で「へぇー」って思いながら、無意識的にシャドイングしてるんだと思います。

 

なるほど。そいういう地道なことって実はは大きいですよね。では、99 Institute(以下ナイナイ)での授業のご感想を教えてください。 

Tomoyo楽しかった! 私は学校の授業をきちんと受けることが第一の目標で、その一個一個が、すごい大きかったと思います。それこそ一言一句聞き逃さないでおこうって思ってたし、疑問に思ったことを聞きに行ったら、きちんと解答してくれるし、でわかんなかったら、ちゃんと「調べておきます。」って言って必ず解答をくださる先生達だったので、それはすごい助かりました。

 

うんうん。納得できるって大事ですよね。そもそもTOEICで高得点を取ろうとしたきっかけはなんなんでしょうか? 

Tomoyo:私はもともと点数が欲しくてきたわけではないんですよ。しゃべるのは好きだったけど、文法とボキャブラリーがないのは、もうずーっとわかってて、でも大っ嫌いだったからやりたくなくて・・・。 でも帰国が決まって、文法とボキャブラリーを補って帰らないことには、「何してきたの?」「楽しんできた。」で終わっちゃうと思って。だったらその文法とボキャブラリーを埋めるには何が一番いいんだろうって考えたときに、テストが一番、テストがあるから、そこに向かって勉強するっていう。だから正直最初点数どうでもよかったんですけど、ひと月目で820点とれて、そしたら上が欲しなるじゃないですか。一番最初に受けた模試が615点で、次の模試(1週間後)が770点とかだったので、授業すごいと思って!(笑) 

 

ほんとに、1週間ごとに着々と伸びてますね。(Tomoyoさんの模試の記録を見ながら)特に最初の伸びがすごい。 

Tomoyo:すごい、そんな細かいスコアもつけてくださったんですね。最後の模試までずっと上がり続けてたんですよ。最後の模試でちょっと落ちて、ここがすごい悔しくて。最後の模試難しかった。でもここまで下がんなかったのもすごいと思って。

 

ほんとすごいですね。なかなかコンスタントに上がるって簡単なことじゃないので。 

Tomoyo:うん。なんか一歩ずつ、一歩ずつちゃんと上がれたので、それが大きい。

 

ナイナイを選ばれた理由ってなんですか? 

Tomoyo:友達です。「ナイナイいいよ!」って言ってくれた卒業生のNもそうだし、もうカナダに3年くらいいて、渡加当初にナイナイに行っていた子も、「私はあそこにいたから今こんなに喋れてるし」って言ってて、完全に周りの評判です。NもMも、Hとその妹も、周りみんなナイナイ良いって言ってて。ちゃんと勉強する気になるって。口コミでかいと思う。だっておすすめできるもん。確実に伸びるのわかってるから。

 

嬉しい!ありがたいです!ナイナイを受講して良かったと思うことは? 

Tomoyo文法がちゃんとわかるようになりました!もうそれすごい大きい!正直文法どうでもいいと思ってたのが、理解しようと思うようになったことはすごいあたしの中で大きくて。そしてちゃんと勉強してきた結果が出たし。

 

努力が報われましたね!これからの目標はなんでしょう? 

Tomoyo:ネイティブの人達にむけて、日本の文化の紹介だったりとか、ツアーの仕事だったりとか、英語をツールとして楽しく使いたいので。気分と感覚でしゃべってた英語じゃない、ちょっと抜けだせたところから、また上昇しきたいな、と日本でネイティブの彼氏作ります!

 

応援しております(笑)。最後に、TOEICのスコアアップを目指している在校生にアドバイスをお願いします! 

Tomoyoまず復習。その日もらったプリントだったりとか、わかんなかった単語抜き出したり。リスニングは、間違えた問題をディクテーションして、あとは最初の一週間は発音のやつ(ナイナイから貸し出しているもの)をずーっと聞いてました。子音母音のやつ。結局一個一個のもとの音がわかんなかったらわかんないと思って。ほんと行きと帰りの10分とかでいいので。発音もよくなるしね、きっと、それやると。文法は本当に授業のプリントしかやってないです。長文は、中級クラスのときは特にやってなかったですけど、上級クラスにあがってからは、わかんない単語抜いてました。結局やっぱり、単語が増えると読めるから余計楽しくなりますしね! 

 

ありがとうございました!とても参考になりました!また日本からご連絡くださいね! 

カウンセラー Akiko 

 

←Please Like 🙂

 

←Please Follow 😉