― 卒業生のキャリア ―

客室乗務員内定! 原川 眸さん TOEIC 510点⇒785点

【TOEIC】英語力を活かして就活!

「第一志望の会社から内定をいただけて本当に嬉しいです!」

内定獲得までの経緯をお教えください。

まず、ナイナイ(99Institute)で英語試験は免除になるスコアを取れたので、日本に帰ってからは企業研究やSPIの勉強に時間を費やしました。エントリーした会社の数は少なめで、15社ほどでした。そのうち書類で落とされたのは4社で、7社は最終面接まで行ったのですが、最終面接で入社の意向や他に受けている会社など聞かれると、どうしても第一志望の会社があることを隠し切れず・・・せっかく最終面接まで行ってもなかなか内定まで漕ぎつけられずにとても焦りました。しかし最後に第一志望の会社から内定をいただくことが出来て、本当に嬉しかったです!

たくさん内定をもらっても就職先は1社ですからね!第一志望の内定本当におめでとうございます!ちなみに、最終面接まで行っていた会社はどのような業種ですか?

メーカー、商社、保険会社、製薬会社などです。別の航空会社も最終面接までは行きました。

最終面接って大体意思確認なので、そこまで行くってことは魅力的な人材と見られたってことですよね。さすがです。

TOEICのスコアで英語の試験が免除になるのは大きな利点ですが、「TOEICのスコアを持っていて良かった」と思う場面は他にもありましたか?

「グローバル化」とどこの会社も口をそろえて言っていて、大抵エントリーシートにTOEICのスコアを記載する欄がありました。面接の際にも、「785点もあるの?すごいね。」「英語どうやって勉強したの?」などと声をかけていただいたりして、そこから留学の経験についてアピールすることも出来ました。
私はSPIで算数が全然できていなかったこともあり、TOEICのスコアがなかったら大分状況が違っていたと思います。

また、同じ客室乗務職でも、会社によって採用の流れや重視する点が全然違っていて、私が内定を頂いたところは英語面接があったのですが、他社は英語の面接がなかったので、TOEICのスコアがより重要視されていたように思います。TOEIC 900点以上あればエントリーは基本的に通ると思います。

あと、英語の面接で話す英語ではスラングや略語は絶対にNGなので、TOEICできちんとした英語を学んでおくことが面接にも活きてくると思います。

なるほど、とても参考になりました!ありがとうございます!今はオリンピックの影響もあり英語が出来る人材の需要が高まっているので、良いタイミングで就活できましたね!いつかバンクーバー行きのフライトに乗ったらぜひまた立ち寄ってくださいね(*^_^*)

カウンセラーAkiko

←Please Like 🙂

←Please Follow 😉

99Instituteの口コミ








転職!フロリダ勤務が決まりました!平山絢さん 690点⇒835点

英語力を活かして転職!

「日本の百貨店にて接客の仕事をしておりましたが、外国のお客様を相手に接客をするのはまた別世界でとても難しいと思います。さらなる英語力UP、コミュニケーション力UPを目指しがんばります!」

 

 

Facebook公式ページ: https://www.facebook.com/99institute ← Like!